謎の古代動物は原始イカ類=5億年前の新化石分析―カナダ(時事通信)

 約5億年前の海に生息した頭はエビ、体は魚に似た謎の小さな動物「ネクトカリス」は、現在のイカに似ているが、足に見える腕が2本しかない姿だったことが、カナダで新たに発見された多数の化石の分析で分かった。イカやタコの頭足類に分類され、同類の化石としては従来の記録を約3000万年さかのぼり、最も原始的という。カナダ王立オンタリオ博物館の研究チームが27日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 ネクトカリスは、「カンブリア紀の大爆発」と呼ばれる多種多様な動物の大量出現期に現れた動物の一種。世界遺産に登録されているカナダ西部ロッキー山脈の自然公園で約100年前、不完全な化石が1個だけ発見され、1976年になって学名が付けられた。
 研究チームは同所で新たに見つかった91個の化石を分析。その結果、体長2〜5センチ、イカのように平たい体で、小さな頭部に一対の目と腕があり、えらや幅広いひれを備えていることが分かった。頭部には、タコが墨を吐くのと同じ器官もあり、遊泳中に海水をジェット噴射して加速。腕で獲物を捕らえたか、海底で死んだ動物をあさっていたとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】世界遺産・熊野古道を歩く
特集・恐竜図鑑〜初期鳥類、羽ばたいて飛べず〜
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり

最年少11歳プロ棋士、ほろにがデビュー(産経新聞)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
食を考える歯のシンポジウム6月開催(医療介護CBニュース)
両陛下、植物園に(時事通信)
14年移設完了は困難=防衛相(時事通信)
[PR]
by i1barchwwr | 2010-05-29 11:45


<< 故中内功氏の次男、贈与税2億円... <児童買春>周旋容疑で男を逮捕... >>