農水省公用車、車ごと随意契約 会計検査院が「不適切」(産経新聞)

 農林水産省が本省や地方農政局、地方農政事務所で使う公用車の車検や定期点検整備の入札の際、一般競争入札にせず、少額ずつ随意契約にしている事態は不適切だとして、会計検査院は12日、同省に改善を求めた。

 検査院によると、全国で農水省が保有している公用車の平成19、20年度の車検などの請負契約計3990件を調査したところ、10件を除いて額が小さいとして随意契約となっていた。

 随意契約は、(1)一般会計と食料特別会計に分ける(2)所在地ごとに細かく分ける(3)車検や定期点検の実施時期ごとに入札をするなどの方法で、予定価格が100万円を超えないようにして特定の業者との入札を繰り返していた。

 公用車1台の車検ごとに入札していたケースも3農政局で565件、2010万円あまりあった。

 会計検査院は車検や定期点検は、会計や所在地別に細かく区切らずに、都道府県ごとにまとめて一般競争入札にすれば、コストが削減されるだけでなく、透明性や公正性が担保されるとして農水省に改善を求めた。

 農水省では公正性の確保やコスト削減の観点から一般競争入札導入の拡大を進める計画を平成16年6月に策定している。

【関連記事】
農水省で1億円の不正経理 翌年度納入など駆使
岡山県で農水省調査用の名簿75件分盗難
女子校に公務員がいたずら電話「制服かわいい、着たい、欲しい、襲ってもいい」
国庫に返す気ないの? 「埋蔵金」約52億円、農水省に改善要求
「ばんそうこう大臣」崖っぷち…保守王国茨城に激震
20年後、日本はありますか?

全日空 B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
国民的アイドル、影響大…ペコちゃん盗に求刑3年(読売新聞)
授業うまいのは?学校と塾の先生が「T―1」(読売新聞)
与党幹事長会談の定例化を 社国が申し入れ(産経新聞)
ひまわり、一時データ受信障害=降雪が影響−気象庁(時事通信)
[PR]
by i1barchwwr | 2010-03-18 00:42


<< 子ども手当法案、衆院厚生労働委... <長谷川等伯展>1万3553人... >>