仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)

 平野博文官房長官は10日夕、沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり会談した。平野氏は「県外も検討している」と述べ、沖縄県内にとどまらず広く移設先を検討していることを明らかにした。政府は同県名護市の米軍キャンプ・シュワブ陸上部に代替施設を建設する案を軸に検討を進めているが、仲井真氏は住民への危険性の観点から、陸上案を拒否した。

 平野氏は「3月末には決めるから、炎上せずに待っていてほしい」と県側に冷静な対応を要請した上で、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に社民、国民新両党が提出した移設先案について説明した。ただ、政府が検討中の具体的な地名は明かさなかった。

 一方、仲井真氏は陸上案を「人が住んでいるところに近付けるのは理解不能だ。(シュワブ沿岸部に移設する現行案を)海に出すのとはベクトルが逆だ」と拒否した。

 仲井真氏は会談後、政府の検討状況について「星雲状態だ。まとめるには3月いっぱいかかりそうだ」と記者団に語った。

 これに関連し、ロバート・ルーク駐日米公使は10日、福岡市内で記者団に「軍事的に合理的な案でなければ、米国は受け入れられない。極東での軍事的抑止力の観点から、沖縄の海兵隊は必要。柔軟性は少ない」と述べ、現行案の早期履行を求める米政府の立場を重ねて強調した。

【関連記事】
仲井真沖縄知事「陸上案は理解不能」
米公使「軍事的に合理的でなければ、受け入れられない」 普天間移設
沖縄県議会が超党派の県民大会 4月、普天間移設めぐり
日本の脅威という根本問題に戻る 大河原元駐米大使
普天間めぐる退陣要求に首相「挑発に乗らない」
20年後、日本はありますか?

<原口総務相>ツイッターで津波情報発信(毎日新聞)
高知でサクラ開花 例年より13日早く 気象庁(産経新聞)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
朝鮮学校 金総書記、運営に指示 「統廃合は敗北主義」反映(産経新聞)
[PR]
by i1barchwwr | 2010-03-11 22:11


<< <長谷川等伯展>1万3553人... 「腰に違和感、右手を回すと血が... >>