満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)

 大津波警報が発表された青森から岩手、宮城にかけての三陸沿岸では、28日午後3時前後と3月1日午前4時前後に満潮を迎える。1日は満月で、潮位が高い大潮にも当たるため、津波が大きくなりやすい傾向があり、気象庁は一層の警戒を呼び掛けた。
 津波は水深が浅い場所で大きくなるため、船舶は沖合に避難する「沖出し」が行われることがある。しかし、津波到達時刻が迫っている場合、港湾での作業は危険という。 

【関連ニュース】
災害警備本部を設置=大津波警報で警察庁
青森、岩手、宮城に大津波警報=太平洋沿岸全域1〜3m予想
28日午後に津波到達か=日本の太平洋沿岸
犠牲者冥福祈り各地で式典=新婚旅行で被災の邦人も参列

<みんなの党>参院茨城選挙区で新人擁立(毎日新聞)
派遣法案、来月に国会提出=要綱「妥当」と答申−厚労省審議会(時事通信)
寺院境内に男性遺体=二所ノ関部屋マネジャーか−大阪(時事通信)
<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
<岡田外相>核軍縮会議、日本主導で開催の意向(毎日新聞)
[PR]
by i1barchwwr | 2010-03-02 19:01


<< チリ巨大地震 津波の高さ 測定... 社民、九州案を提示へ=普天間移... >>